top of page

サスティナブルな観光の拠点:秋山郷

水の恵みと共生する暮らし

長野県と新潟県にまたがる秋山郷は、四季折々の自然美が魅力的な場所です。特にその清らかな湧水は、地域住民の生活に欠かせない貴重な資源です。湧水は飲料水として直接利用されるだけでなく、秋山郷の特徴でもある石垣田においても重要な役割を果たしています。この地で育つ作物は、清水がもたらす豊かな味わいが特徴で、食としても訪れる人々を魅了します。



2,000m級の山を抱え豊富な積雪によって水の恵みが成立している。


コンビニの水でも有名:サスティナビリティへの貢献

秋山郷の水は、全国のコンビニエンスストアで販売されるほどの名水として知られています。この取り組みは、地域の水資源の価値を高めると同時に、サスティナブルな消費を促進する一例となっています。秋山郷を訪れた観光客はこの水を直接味わうことができ、地域資源の大切さを体感することができます。



秋山郷の玄関口に位置する見玉不動尊。目に効能がると言われる豊富な天然水が流れている。


豪雪の融雪を活かした地域づくり

秋山郷は豪雪地帯としても知られ、その雪解け水は春先に豊富な水量をもたらします。冬は暖かい一定の水温は融雪に活用し、夏は冷たい水は、農業はもちろん、地域全体の生活に役立てっています。このような取り組みは、自然のサイクルを尊重し、それを生活に取り入れるサスティナブルな生き方の模範でもあります。



渓谷沿いに点在する集落には至るところに豊富な湧水が流れている。

水が生み出す豊かな味わい 秋山郷の水は、そのまま飲んでも、コンビニで販売される名水としても知られるほどの高品質です。この水を使って育った魚は、水の清らかさをそのまま味わいに変えています。湧水で育つため、身が引き締まり、透き通ったような純粋で深みがある味を楽しむことができます。


小赤沢集落にある民宿出口屋では裏庭から湧く湧水で育てたシナノユキマスが季節により楽しめます。

まとめ

長野県と新潟県にまたがる秋山郷への訪問は、サスティナブルな観光の理想を実現する貴重な機会を提供します。水の恵みを大切にする地域の生活や、自然との共生のあり方を直接体験することで、価値観を深める旅を感じることができるでしょう。秋山郷では、サスティナビリティがただの概念ではなく、住民の生活で実践されていることを感じ取ることでより豊かに生きるヒントを私達に与えてくれます。

ツアーの詳細はこちら


この事業は長野県「地域発元気づくり支援金」事業を活用しております。

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page